スポンサーリンク

渡辺祐樹顔画像は?動機は知人トラブル?うなぎ屋店主と同級生もなぜバイト?

ニュース

福岡市南区大橋うなぎ店立てこもり事件は、女の子無事解放!
6時間立てこもった理由は知人トラブルだった!

21日朝8時半頃に凶器を持った男が
うなぎ店(福岡市南区大橋 うなぎの黒田屋)に現れ
立てこもった事件。

拘束されたのは、店主の二人の小さな子供でした。
事件から6時間が経過し、警察の説得もあって事件は解決。
犯人の男は逮捕され、3歳と6歳の女の子も無事解放されました。

犯人はうなぎ屋店主の同級生で
動機は知人トラブルだった!

犯人男の名前や顔画像は?




スポンサーリンク





スポンサーリンク

福岡市大橋立てこもり犯人動機は知人トラブル?

事件経緯



福岡市大橋うなぎ屋立てこもりどこ?犯人動機はコロナ解雇で怨恨?
福岡県福岡市南区大の飲食店で立てこもり。 犯人は立てこもりした店のもと従業員男! 21日朝、福岡市南区大橋のうなぎ屋に男がたてこもり。 中には、店の関係者やその子供がいる模様。 犯人の要求、動機や顔画像、名前は? うなぎ屋...

渡辺祐樹経歴

名前:渡辺祐樹(わたなべゆうき)
年齢:35歳
住所:不明
職業:無職
前職:うなぎ屋バイト
家族:不明

渡辺祐樹容疑者は35歳。
立てこもったうなぎ店(福岡市南区大橋)で
アルバイトをしていました。

業務内容は皿洗いなどで、
勤務は1年ほど前からだったそうです。

年齢と業務内容を考えると、
うなぎ屋、もしくは飲食店での修行というより
自給稼ぎのアルバイトという内容だったように思います。

渡辺祐樹顔画像

渡辺祐樹容疑者の顔画像は明らかになっていません。
犯人名前と年齢、前職が明らかになってことで
学生時代やFacebookなどから顔画像が
明らかになる可能性はあります。

容疑は認めているようです。

渡邉祐樹経歴動機はトラブルメーカー?スキンヘッドで凄む恨みとは?
福岡市うなぎ屋立てこもりの犯人の経歴は衝撃? スキンヘッドで悪びれない様子に反省の色なし? 福岡市南区大橋で立てこもり事が発生したのは 21日朝8時半頃でした。 事件は6時間後に解決しましたが、立てこもりの間に タ〇コを要...

スポンサーリンク





動機は知人トラブル?うなぎ屋店主と同級生もなぜバイト?

なぜ うなぎの黒田屋 を狙った?

小さな女の子が二人も犠牲になた事件。
渡辺祐樹容疑者はなぜ、このうなぎ店を狙ったのでしょうか?

①うなぎの黒田屋元従業員
②勤務時代に店に不満があった

現在明らかになっている、渡辺祐樹容疑者と
うなぎの黒田屋の関係性です。

金目的で、どの店でもいいから襲撃したという理由(動機)ではなさそうです。

いつからいつまでうなぎ屋で働いていた?

勤務していたのは約1年ほど前から。
業務内容は皿洗いがメインだったようです。

いつまで働いていたかは詳しくは報道されていませんが
最近解雇されたようです。

数日前に解雇されたようです。

うなぎ屋店主と同級生もなぜバイト?

キャリアチェンジや脱サラ、
また飲食店開業などを目指して、
30代(渡辺祐樹容疑者は35歳)で
飲食店に飛び込む人もいるとは思いますが、
皿洗いのアルバイトを1年ほどしていたようですから
修行のためというよりは、生活費目的のアルバイトだったように思います。

何か別に大きな目標があって、比較的時間が自由になる
アルバイトという働き方を選んだ可能性もありますね。

このうなぎ屋をアルバイト先に選んだのには
店主との関係性があるようです。

うなぎ屋店主と渡辺祐樹容疑者は同級生。
そういったご縁で、アルバイト採用されたのでしょう。

動機は知人トラブル?

事件現場のうなぎ屋に立てこもっていた時、
渡辺祐樹容疑者の要求は

犯人 渡辺祐樹容疑者
店主と話がしたい

でした。

勤務に関する何らかの要求や不満、怨恨があったように思いますが
最新の情報では、渡辺祐樹容疑者の解雇に関して
不満があったようです。

渡辺祐樹容疑者は、
店主以外の人物ともめ事を起こしており、
その人物と店主も知人であるようです。

ということは、渡辺祐樹容疑者ともめ事になっていた「人物」は
・(二人の)元同級生
・(二人の)仕事関係者
・(二人どちらかの)親類
などが考えられます。

少なくとも登場人物は3人。
そのうち男が二人。
渡辺祐樹容疑者とうなぎ屋店主です。

ありもう一人の「人物」が女性で、
しかも渡辺祐樹容疑者の彼女や片思いの相手であれば
交際のトラブルを知ったうなぎ屋店主が
もめ事を大きくするのを避けるために
解雇したことなどはないでしょうか?

いずれにせよ、けが人がなかったことは幸いです。

今後の捜査の行方を見守りたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました