スポンサーリンク

埼玉中三犯人中学校は美笹?犯行目的は父親不在母子家庭で愛情不足?

渋谷区で親子が刺された事件。
15歳未成年なので、顔画像は公表されず、極刑は回避できると分かった上での犯行では?と言われています。
犯行動機も曖昧ですし、『予行練習』ならその憎むと言われてる母親をターゲットにするべきでは?と不可解な点も多いです。
この埼玉県出身の中三犯人の中学校はどこ?美笹中学校なのか?
勉強優秀の噂は本当?
父親や母親の教育方針に問題はあった?


スポンサーリンク





スポンサーリンク

埼玉中三犯人中学校は美笹?

埼玉県戸田市中三犯人の当日の様子

事件概要をまとめます。

日時:2022年8月20日(土)19:25分頃
場所:神泉駅近辺の路上(京王井の頭線・隣は渋谷駅)
被害者:53歳の母親と19歳の娘(二人は親子)
加害者:中学校3年生女子(出身地:埼玉県戸田市)
内容:〇刑になりたくて、たまたま見つけた親子を刺した

凶器は、刃渡り約8.5cmの包丁、他にも約9cmと約7.5cmのナイフ2本を衣服のポケットなどに所持していました
直前に自分で購入したという情報があります。

三本も所持していることから強い殺意は感じますが、
〇刑になりたくて、見ず知らずの人を襲撃するのは不可解です。

埼玉中三犯人中学校は美笹?

報道によると、中3犯人は埼玉県戸田市の中学生と言われています。
戸田市というのは、どの規模の町なのでしょうか。

戸田中学校
戸田東中学校
美笹中学校
喜沢中学校
新曽中学校
笹目中学校


引用:グーグルマップ


引用:グーグルマップ

埼京線や京王線などをつかって渋谷までは1時間程度で到着できます。

人口は、最新の調査では、141,846人 戸田市内には6校の中学校があります。

この6校のいずれかに通学していると思いますが、どこの中学校か気になりますよね。

調べてみましたが、情報が錯そうしており、特定には至っていません。
同じ中学校の人は当然いるはずですが、夏休み中の犯行なので、まだ実感がなかったり、もし地元では特定されていても、わざわざ自分の通っている中学校の評判を落とす可能性はSNSなどで発信しないのかもしれません。

多少の特定ツイートはありましたが、現在は全て抹消されています。
犯人が未成年だということを最大限に配慮していると考えられます。

スポンサーリンク





犯行目的は父親の母子家庭で愛情不足?

埼玉県戸田市中三犯人の不可解な供述

犯人は
「死刑になりたいと思ったのでたまたま見つけた2人をナイフで刺して殺そうとした」中学2年生の弟については、「お母さんの遺体を弟に見せるのは嫌だったので一緒に殺そうと思った」と。

と語っていますが、『お母さんは機嫌が悪くなると態度に出る』『お母さんの嫌なところに自分が似てきたのが嫌だったので殺そうと思った』と供述する反面、今回は狙っていません。

予行練習と言っておきながら、死傷したら当然警察沙汰になり、中三女子の本当の野望が叶えられないことになります。

非常に不可解です。

年子の兄弟で、近所の評判は、『家族仲の良い』と高評価です。

埼玉県戸田市中三犯人の生い立ち

中三犯人の両親は、犯人が小学校の時に離婚しているようです。
そのため、今回の報道では、『母親』『弟』しか出てこないのですね。

つまりは母子家庭。
最近は離婚率も高まっていますので、親が離婚したからと肩身の狭い思いはしないと思いますが、
埼玉県戸田市の地元中学に入った女子生徒(犯人)は、中学校で不登校気味になっていたようです。
しかし、中学2年生で一念発起。塾に通うようになりました。
そして受験期にあたる今年、事件を起こしました。

思春期と受験へのストレスなのでしょうか?
一部週刊誌などでは、成績は良く英検三級も所持しているそう。
いじめなどは特にないようなので、人間関係が苦手なタイプだったのでしょうか。

事件当日も塾に行くと言って自宅を出た中3犯人は、
埼玉県戸田市から渋谷駅近くの京王井の頭線・神泉駅を歩いていました。

短絡的な犯行というより、凶器を3本用意するなど、計画的な一面も見せています。

そして一番の不可解な点は、『あの子死んだ?』と自分が凶器を刺した女性たちの
現状を聞いていたというのです。

その行方によっては、、死刑かそれ以外の罪かが決まる犯人にとっては
とっても大事なことだったのかもしれません。

犯行目的は父親の母子家庭で愛情不足?

供述通りであれば、目的は『母親』なはずなのに、目的を遂行せず、
随分遠回りをしています。

これは愛情不足を感じ、自分の方に注目を向けたい意図があるのではないかと話題になっています。
犯人と父親との関係や、離婚原因が分かりませんので、何とも言えませんが
シングルマザーになったことで、少なくとも母親は働きに出かけていたと思われます。

二人の子供を育てるために昼夜問わず働いていたとするならば、
中三犯人にとって、受験のストレスや思春期特有のイライラにも増して
母親への愛情に飢えていたのかもしれません、と仮説出来ます。

事件現場の円山町は過去にも事件があった

今回は、53歳と19歳の親子が背中や原、腕を刺されましたが、全治三か月のケガで命の別状は不幸中の幸いながらなさそうです。

しかし、1997年に起きた未解決事件・東電OL殺人事件もここ渋谷区円山で起きています。

犯人は自宅から、JR埼京線の武蔵浦和駅で電車に乗り、新宿駅まで来た後、徒歩で殺害相手を探して犯行現場をウロウロと歩いていました。なぜか靴を履いていなかったそうです。
自暴自棄になっていたのでしょうか。

誰かにどうしたの?と声をかけてほしくて、おかしな行動をとったのでしょうか。

犯人が東京の塾に通っていたとするならば、電車に乗ること自体は違和感はありません。
武蔵浦和駅まで自転車で向かい、それから新宿駅までは電車で25分程度です。
新宿駅から神泉駅まで普通に歩けば4キロ、徒歩で50分程度です

事件は当日19:25頃なので、随分長い間新宿~渋谷をウロウロしていたことになります。
このウロウロしていた時間、頭をぐるぐるフル回転していたのでしょうか。

詳細を待ちたいと思います。

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました